私たちの働き方改革

短時間正社員制度の導入

2021年1月21日から不動産室のMさんが、正社員になりました。

これは、会社としても「短時間正社員制度」(※1)を導入した新たな取り組みです。

(※1)短時間正社員制度は、就業意識の多様化が見られる中、自らのライフスタイルやライフステージに応じた多様な働き方を実現させるとともに、これまで育児や介護をはじめ様々な制約によって就業の継続や就業を可能とする働き方です。

引用元:厚生労働省_短時間正社員制度導入支援ナビ https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/navi/

正社員となったMさんへのお祝いの花束、生花とドライフラワーを組み合わせた拘りのスワッグ

新たな働き方へのチャレンジ

Mさんは、パートタイマーとして4年半、リノベーション工事のプランニング、積算、総務など、さまざまな業務を担ってきました。

これまでは、家庭を最優先に考える中、1日の就業時間や休日の取得に自由が利くパートタイマーとしての働き方がベストであったものの、日々の仕事を通じて、不動産実務の習得というキャリアアップへの意欲が湧いてきたこと、子育てがひと段落するタイミングであることからも、新たな働き方へのチャレンジを決断しました。

私たちの本業である内装・外装工事の受注に繋がっていく新たな柱となり得る不動産事業をスタートすることは、非常に有意義なことであると判断、これまでの従業員就業規則の改定(※2)に着手しました。

(※2)適用範囲の従業員区分として、「短時間正社員:無期労働契約により、職務内容および勤務地のいずれにも制約なく基幹的業務に携わるが、通常の正社員に比べ1日の所定労働時間又は1か月あたりの勤務日数が短い従業員で、賃金が月給で支払われる者。(育児・介護休業法で定める短時間勤務制度の適用をうけるものを除く)」を追加し、始業、終業の時刻および休憩時刻、所定休日 などを実態に合わせ規定したもの。

幸せな人生につながる働き方とは

会社として働き方の選択肢を拡げることは、私たちが最も大事にしている”仕事を楽しむ”仲間が増えること、社員みんなの笑顔が増えることにつながっていくと思っています。

今回の取り組みが、その始まりとなることを願って。