「埼玉県SDGsパートナー」として

私たちに出来るSDGsへの取り組み

サンクジャパン株式会社の本社オフィスがある埼玉県の取り組みである「埼玉県SDGsパートナー」の第3期募集に登録申請を行い、2021年7月31日付で登録受付されました。

埼玉県SDGsパートナーとして登録されました

「SDGs達成に向けた宣言書」として、環境、社会、経済の三側面における具体的な取り組みおよび指標を設定しています。

各々の取り組みについては、私たち中小企業がSDGsに取り組む意義を十分に感じた上で、私たちに何が出来るかを考えて作成しました。

<環境>建築現場から出る廃材(端材)を再利用する

家具製作所八槻木工所からの廃材

こちらについては、以前の記事「なぜいま”廃材リサイクル”なのか」にも書きましたが、2020年9月新事務所への引越しを契機として取り組みをスタートして、継続的に実施しています。

今回”3年後”および”2030年”に向けた具体的な指標を設定したことで、一歩進んだ取り組みへと進化させていきたいと考えています。

約1年間取り組みを継続する中で、ご近所のみなさまにも少しずつ認知されてきており、最近では廃材(端材)を並べると1日から2日の間でほとんど持ち帰られることもあります。

最近の事例としては、近隣に住んでいる美術大学の学生さんから、「課題制作として、廃材を使用して新たな製品を生み出したいと考えているので、廃材提供してほしい」との嬉しい申し出があり、制作の相談を受けるとともに、いろいろな廃材を持ち帰ってもらいました。

新たな展開としては、今年の6月から新たに設計室に入ったメンバーからのご縁で、東京都板橋区の八槻木工所さんの製作過程で出る廃材もサンクジャパンのオフィス前に並べています。こちらの廃材は、家具製作の会社だけあって、これまでと違うテイストのものもたくさんあります。

また、新たなメンバーの前職が家具職人ということもあり、廃材を使用した造作物内製化(事務所内の板材整理棚、駐車場の表示板など)も進めています。

廃材を利用して社用車の駐車場に置く表示看板を則岡くんに制作してもらいました
廃材とサイディングの留め付け金具で作った社用車駐車場の表示板

なぜいま”廃材リサイクル”なのか

<社会>地域におけるボランティア活動に参加する

本社オフィスを文京区から戸田市に移転して10数年が経ち、私たちにとって大切なまちとなった戸田において、本業である建築を通して戸田との接点を増やしていくために、そして自分たちが戸田を楽しむために、昨年8月に戸田研究室を開設しました。

戸田研究室としての地域活動は、まだまだ十分とは言えませんが、昨年は地域を盛り上げていこうと活動するボランティア団体のイルミネーションイベント設営のお手伝いを実施しました。

最近の事例としては、地域イベントの一環として実施された学童保育の子供たちによる企業訪問取材(地域メディア1日記者体験)を受け入れ、事務所内を案内したり、子供たちからのインタビューに答えたりしました。

また、取材対応後には、廃材を使用したコースターへのオイル塗装仕上げを体験してもらい、翌日塗装が完全に乾いたことを確認し、オリジナルのリサイクル紙袋に入れてお土産として持ち帰ってもらいました。

廃材を使用したコースターのいる塗装仕上げを体験してもらい、イベントのお土産としてオリジナルリサイクル紙袋に入れお渡ししました

<経済>老朽化していても壊すには勿体ない建物を、建築、デザインの力で蘇えさせる

戸田市喜沢1丁目の旧本社オフィスは、2013年に築35年の連棟式長屋3軒のうち2軒を購入してリノベーションしたもの(現在は、建築家チームの新たな拠点として貸出中)、戸田市新曽の現本社オフィスは、もともと資材置き場として借りていた築37年の倉庫をリノベーションしたものと、これまで自社オフィスにて実現してきた実績はあります。

私たちにとって大切なまち戸田には、老朽化していても壊すには勿体ない建物が、まだまだたくさんあります。

こちらについては、サンクジャパンとして「建築、設計・デザイン、不動産」のチカラを結集して取り組んでいきます。

戸田に”商い暮らしびと”を

古い倉庫をコンバージョンした新事務所へ引越し